カレンダーが勝負の肝

“あの大御所ヒロセ通商でLion FXFX2、
同じくミニかTraderでトレードすればもらえるもの、
といえば、かなり有名でしょう、

FX専用マリンカレンダーがもらえるんです。

経済指標や祝祭日、
その他運勢の情報や月の満ち欠けまで
表示してくれる多機能カレンダーです。

過去のチャートも見れてしまいますから
これはもうアイテムとして持ったが最後ですね。

なぜマリンカレンダーなのかというと、
トレードしていると実感できますよ、癒しが。
これでやっと来年のトレードにも拍車がかかりました。

1つだけおまけ情報として、
カレンダーは日曜からではなく
月曜から始まっていますのでご注意を。

つまり日本式ではないんですね、何故だろう。

アメリカの休日

9月2日はLabor dayなのでNYはお休み。
Labor dayはアメリカの休日で
「労働感謝の日」日本で言う所の勤労感謝の日みたいなものか?

今上がってるドル/円が
NY開始となるとどうなるのか?
もうお祭り間違い無しか?

9月のアメリカの行事は他にも
8日のGrandparent’s day(敬老の日)・
11日のPatriot Day(愛国記念日)とありますが、
これは場所によって休日な所とそうでない所があるらしい。
でもNYならば11日は特に…..だって(´・ω・`)

FXする上で海外の休日も頭に入れた方が良いのかと思い、
ちょっと調べてみました。

何て言っていいのか言葉は見つかりませんが、
特に11日はやっぱり特別な日なんだなとしみじみ思います。

円安の理由

一時は104円まで円安が進みましたが、
円安はアベノミクスが原因だったのでしょうか?

では円高に戻った背景は?
グローバルに円安を容認した動きとして
104円まで進んだとしたら、
今このように何故否定感もないのに
円高になったのか、などなど、
やはりFXは分からない事だらけです。

考えてみれば104円というのは
かなりの円高による反転でしか
なかったような気もしますね。

円高の反転でちょっと勢いが
ついたのも確かですが間違ってたね、
という感じであっさり戻った、
となればなんら関心を示すものでもないです。

2014年には130円まで、などという意見もやはり、、。

最近はノートでトレードしてます、
寝ながらですが、円高に戻って
初心を思い出した感じで楽かもです。