為替の動きには、法則性がある。

毎日刻々と動いているのが為替レートです。

今後上がるのか、
それとも下がるのか、
殆ど変化しないのかを予測できると
FXトレードで利益を確保できるのです。

でも最近上がり続けているから
今後も上がるだろうなんて考えて、
トレードをしても勝てるとは限らないのです。

ですから今迄の動きをもっと高い確率で予測できる手法としては、
テクニカル分析があるのです。

テクニカル分析とは、
今迄の為替レートの動きをグラフ化して読んでいく手法ですが、
そんなに簡単ではないのです。

でも何度か時間をかけてグラフを見ていくとレートの動きには、
なんらかの法則性があることが分かってきます。

今の動きにあてはまる法則性が
グラフから見えてくるとトレードを開始できるのです。

お小遣い稼ぎのFX

FXは主婦のお小遣い稼ぎになると言われているように、
大きい利益をFXトレードに求めてはいけないのです。

ネットサイトでは、
「1月に100万円稼げる」
なんてFXをアピールする記事がありますが、
一般のFXトレーザーにはありえませんよね。

勿論レバレッジを最大の25倍に設定して、
連勝すれば1月で100万円になる
という計算は成り立ちますが、

現実的には宝くじに当たるくらいの確率だと思いませんか。

FXは為替レートが動くと利益に繋がりますが、
大きく動いて5円から10円です。

ですから仮に証拠金を5万円として、
レバレッジを5倍に設定して5円動いたときに決裁すると
1万2500円も儲かるのです。

負けた時のリスクを考えてレバレッジを
1倍にすると2500円の利益なのです。

スプレッドは、FX会社によって違っています。

スプレッドとは通貨を売買するときの
売値と買値の差額ですが、
FX会社によってスプレッドを個々に設定していて、

ネットでも
「スプレッド比較ランキング」なんてサイトがあって、
FXの口座を開設するときには、
スプレッドの幅が狭いFX会社を選んだ方が、
自分に入ってくるお金は大きくなります。

FX会社としては、
スプレッドの幅を広げておいたほうが、
自分のところに残るお金が大きくなるのです。

ですからこれからFXを始める方としては、
一銭でもスプレッド幅が小さい会社を選んだ方が良いのです。

でも、スプレッド幅を固定にしているFX会社もあれば、
変動にしているケースもあるので、
FX会社選びのチェックポイントにしておいた方が良いのです。